日本語学校で2年間日本語コースが終わった後、どの分野を選ぶか、悩む留学生がいるでしょう。

「日本での就職は、難しいかな」「給料はどうかな」「もしその専門を選ぶなら、帰国した後もうまく就職できるかな」様々な質問で悩んでいる留学生をよく目にします。そこで、SEICHOが以下のリストを調べてまとめてきました!日本でブームになっている職業リストです!今回のリストを通して、自分がどの分野に適合するか決めることができます。

1. 看護師の職業

経済が発展している国であるとともに、高齢化が急速に進んでいる日本は、中年や高齢者ための介護の活動が注目されています。ですから、毎年看護師や介護(ヘルパー)など50,000名必要になりますが、実際は人手不足が続いているため、需要を満たされてはいない状態である。

そのため、日本へ留学する際には、介護の分野が一番いい選択となる。なぜなら卒業

後、他の分野よりも日本企業へ採用される比率が高まるからである。また、基本給は、絶対無視できません!現在、外国人の介護(ヘルパー)は、月給で18~22万円もらっているそうです。

尚、帰国すると決めたら、ただJLPT―N2と国際看護師の資格のみで、日本企業へ採用される比率が高くなりので、給料もベトナムの平均給与よりもずっと高くなるでしょう。

2. ITの職業

国家人力発展計画書によると2020年までに、IT産業だけで、100万人の労働者が必要になり、その数は年ごと12~13%増加すると予測されている。これは、巨大な収入でブームになっている職業にほかならない。

卒業後、日本に残って日本企業に就職でき、帰国してベトナムにおける日系会社に勤めることもできます。日本でもベトナムでも、この産業で働くチャンスが数えないほど多く見られることになりますね。特に、ITエンジニアは卒業後であっても、ソフトウェアプログラマー・システムアナリスト・情報保護者・ウェブサイト管理者・ソフトウェア管理者…など、様々なIT関係の職業に応募することができます。

また、ITというのは、日本の先端技術産業として注目されており、日本で留学する分野としても、いつもNo.1の選択で選ばれているということを忘れてはいけません

3. 旅行・レストラン・ホテルの産業

旅行・レストラン・ホテルというのは、日本をはじめ、諸国で注目されている産業ですね。日本という国は、風情のある景色が豊富にあるため、この無煙産業で活躍したいという留学生に、一番相応しい選択となるでしょう。

日本へ旅行・レストラン・ホテルを専門として留学する際、基礎なる知識と強固なスキルばかりでなく、専門的な地位で挑戦するチャンスがあり、将来ツアーガイド・レストランや旅館などの受付・管理の職業に生かすことができますね。

 

4. メカニックス産業

重工業界から進んできた国として知られる日本で、メカニクス産業が日本の経済を支えている力と名付けられております。自動車業界から、ハイテクで用いられる部品を製造し、厳密な仕組みに至るまで、「世界一」だと名声を博する日本は、常に世界の様々な顧客からの第一人者の選択となっております。

ベトナムでは同様に、メカニクス産業は、ハイスピードで発展している産業であり、国家の先端産業となる見込みです。そのため、この産業で求められる人力が非常に多くなり、魅力的な就職のチャンスに広がります。

  • Share